キャバクラに通い始めると、好みのお店が見つかり特定のキャバ嬢と仲良くなっていきます。
もし特定のキャバ嬢とお店の中で親しくなったら、今度はお店の外で会いたくなるものです。
 
店外デート、所謂「同伴」はキャバ嬢にとって悪い話ではありません。
同伴はキャバ嬢自身の営業成績にプラスになりますし、あとで手当金(バック)も得られます。
もし親しくなったキャバ嬢がいれば、積極的に同伴に誘うのも悪くありません。
 
このページでは【おすすめの同伴コース】をまとめています。
これからキャバ嬢を誘いたい方、参考にしてください。

最も無難なお店の近所にあるレストラン



いつもお店の中でしか会えないキャバ嬢とお店の外で会えるのは、デート気分が味わえて顧客側からみれば楽しいものです。
ただキャバ嬢はお店の仕事の延長と思っているケースが多いので、出来るだけキャバ嬢を不安にさせないデートコースを考えなければなりません。
 
そのため、お店から遠く離れたレストランやイベント会場に呼び出す、車に乗るように強要する、ホテルに連れて行くなどの行為は厳禁。
このような事をしてしまうと、キャバ嬢が二度と店外デートしてくれなくなるかもしれません。
お店から遠く離れた場所でデートするなら、時間の余裕を持たせないとキャバ嬢にとっても迷惑です。
 
そこでおすすめの同伴コースは、お店から徒歩で10分以内にあるレストランや映画館。
有名なお店や高いお店でなくても、キャバ嬢の好みに合うお店に連れて行ってあげると喜びます。
お寿司が好きならお寿司屋に、お肉が好きなら洋食屋に連れて行ってあげる配慮を見せる事です。

スーパー銭湯や映画館もOK



何度も同伴してお互いの気心が知れているのなら、映画館で映画を見たり、スーパー銭湯でサッパリするというデートコースもあります。
女の子がブランドもののバッグやお財布、洋服を欲しがっているのなら、デパートや専門店に連れていってあげて欲しい物を買ってあげるのも良いでしょう。
 
女の子が一体どんな物を欲しがっているのか、何を食べたがっているのか、そこからリサーチする事です。
ただ高い料理を食べさせて高価なブランド品を買い与えるだけでは顧客の自己満足にしかなりません。
 
全ての女の子がブランド好きなわけではないですし、好みは人それぞれ。
アニメショップでキャラクターグッズを買ってあげると喜ぶ女の子もいますので、店外デートでは女の子の好みを分析しておく事が大切です。
 

同伴する事を考慮に入れる

女の子がわざわざ貴重な時間を割いて店外デートするのは、同伴する事を狙っているから。
デートを楽しんだ後に「はい、さようなら」では、女の子のテンションも下がります。
「この後、お店に行くの?」と聞いて「うん」と言われたら同伴出勤してあげる気遣いは必須ですよ。