何度か足を運びたくなるお気に入りのお店が見つかると、自然とお気に入りの女の子が出来るもの。
気に入った女の子を何度も指名していると気心も知れてきますし、仲良くなれば同伴やアフターでデートする関係になれる可能性は大ですね。

そして二人の心の距離が縮まると、どうしても口説きたくなるのが男心。
このページでは、【キャバ嬢の心をくすぐる口説き方】をまとめています。

気に入った女の子の口説き方

初対面のキャバ嬢にいきなり「今からデートしよう」と言うのは精神が幼い証拠。
小学生ではないのですから、お店で何度か会ってお互いの人となりや考え方、趣味をある程度理解してから店外デートになるのが普通だと考えるべきでしょう。

もちろん店外デートだからと言って、いきなりホテルに行けるわけではありません。
キャバ嬢と良い関係を作ろうと思えば、極力下心は出さない事が大切。
女性は大人の対応をしてくれる紳士に惹かれますので、彼女の前では紳士であることに徹してください。

キャバ嬢のみならず、女性は優しい男性にとても弱いです。

ですから店外デートで高いレストランに行くのも良いのですが、
「君はいつも笑顔が可愛いよね」
「君って優しいよね」
「お店に行くたびに癒されてるよ、ありがとう」
「君といると本当に楽しい」

…など褒めたり感謝する言葉を時々会話に織り交ぜた方が、グッと印象が良くなります。
そして「僕と付き合ってよ」と言うよりも「これからも、一緒にデートしてもらえるかな?」と奥ゆかしい表現で気持ちを伝える方が、女性はキュンキュンします。

プレゼントはブランド物ばかりが喜ばれるわけではありません。
高いプレゼントも嬉しいものですが、キャバ嬢の趣味や好みを良く聞いておいてさりげなくプレゼントしてあげる方が効果的

キャバ嬢によっては商品券の方が助かる、と言う方もいるので本当に欲しいものをきちんと把握しておくと「この人、分かってる」と喜んでもらえますよ。

口説いてもダメだった時は



「僕の彼女になってくれるかな?」と告げた結果、フラれた時はいつまでもしつこく追わずにまずは諦めるのが鉄則。
恨み言など言わず「そうか。でもこれからもお店に遊びに行ってもいい?」と相手に気を遣わせないように配慮するだけでも「この人って大人だわ」と思ってもらえます。

断わられた時に「なんでだよ?」「これだけお金を使ったのに」など大人げない事を言うと嫌われてしまいます。
一度断られても再アタックしたいならなおさら、言動には注意すべきです。

ストーカー化するのは厳禁



いくら好きなキャバ嬢であっても、フラれたからと言って恨みからストーカー化するのは厳禁。
犯罪になりますし、大好きなキャバ嬢に迷惑を掛ける行為は避けるべきです。
警察沙汰になる事もあるので、ストーキングは止めましょう。